占星術師は世界平和の夢を見るのか? (みえない大学新聞の思想)

占星術による世直しは可能なのか?みえない大学新聞!で追いかけてきた見果てぬ夢を、思考し、イマジンする。ルシエルの内観ノート。

モナコインを星占いで読み解く。

f:id:mienaidaigaku:20171205233130j:plain

 

ビットコインもそうですが、モナコインには厳密にスタートした時刻というものがあります。

 

人の誕生日が産道から出て、初めて呼吸した瞬間であるとすると

 

仮想通貨の場合は、初めて、配布が開始された時刻ということです。

 

モナコインの場合は、開発者のMr,Watanabe 氏がどこ住んでいたかというよりも、

モナコイナーが聖地を崇める、秋葉原で誕生したとして良いのではないかと思います。

 

これが、モナコインのネイタルチャートです。

2014年1月1日 午前9時

f:id:mienaidaigaku:20171205230135j:plain

モナコインの誕生日 出生時間については、monappy の monalog を参照しました。

 

monappy.jp

2014年の元旦 午前9時 あけましておめでとうございますということで、

モナコインが誕生しました。

 

このチャートの第一の特徴は、山羊座新月、しかも5天体山羊。

11ハウスにそのうち4天体が入っているということです。

 

ASCが水瓶座で、これは暗号通貨としてぴったりの

テクノロジーを象徴するサイン。

 

ASCルーラーの天王星は2ハウス牡羊座

古典ルーラーの土星は9ハウスの蠍座でカルミネート。

 

要するに通貨としての価値、強い絆が生み出す金融的価値が暗示されます。

 

山羊座土星が強い位置にある。コミュニティーとしての管理能力。

結束力。生真面目さ、計画性などが備わっているということです。

 

ノード軸に月と海王星が調停されているのは、

イマジネーションと大衆性がグループの絆を支えています。

 

相場的に特出すべきは

 

火星と水星0冥王星木星天王星グランドクロス

これは、かなりの爆発力を秘めたコンビネーションです。

このコンビネーションのために、モナコインは周期的に爆発的に価値を上げる

という現象が見られるのでしょう。

 

危機的状況もあるでしょうが、コミュニティーの強さで、

コイナーたちが、価値を支え、また、利用価値をクリエイトして

いくのではないかと思います。

 

サウスノードの雄牛からノースノードのさそりの流れを見ると、

初めは通貨として作られていても、のちに、社会的なインフラ(蠍9H)

あるいは、活発な交換媒体(火星天秤)に成長していくだろうと思います。

 

これは僕の私見ですが、モナコインは、

文化交流のための暗号通貨であるという特徴と

秋葉原地域通貨的なブランドイメージの

両面を強みとして持っているのではないかと思います。

 

 

 

 

占星術師は世界通貨の夢を・・・もう目が覚めた。

世界通貨、20世紀において、それは夢か、あるいは陰謀論の話でした。

 

しかし、2017年の現在、すでに仮想通貨、あるいは暗号通貨の名でそれは実現している。

 

しかし、2017年11月現在、ビットコインの普及率が世界一と言われている日本でも、

市民のビットコイン保有率は、3パーセントぐらいだと言います。

 

有価証券の保有率は、14パーセントと言われていますが、それに比べて、法整備がととのったのが今年からだとすれば、早い成長率ですね。

 

ですが、証券会社に行って株を買う手間と比較すると、スマホのアプリを入れて、ちょっとした手間で、五千円から参加できることを考えると今後、どんどん、広がり、

クレジットカードの利用率を肩を並べるようになることは目に見えています。

 

まだ、大手の通販会社、アマゾンや楽天などは、BTC決算に踏み切っていないわけですが、準備中なのは間違いないでしょう。

 

その話が公開された途端にBTCや暗号通貨は「使える通貨」として爆上げすることは間違いありません。

 

僕は、2000年ぐらいから、地域通貨の研究をしていましたが、そもそも地域社会にアイデンティファイしていない僕のような人種にとって、いくら理想的でも遠い話でした。

 

そこで、セミナーやコンサルタント、セラピーや占い、、コンサートや美術展など、文化経済活動に限定された通貨があれば、ぜひ、コミットしたいと思い、「世界文化通貨」というコンセプトを提案していました。

 

しかし、それを実際にやるためには2000年時点では難しかったのです。

 

ところが、ブロックチェーン技術の登場で、オルタナティブ通貨のコントロールは自動化することができて、リンク形式がスマホで簡単にできることになり、しかも、中央集権的ではない世界通貨が出現してしまったわけです。

 

BTCを通じて、文化通貨運動を実行すればいいとも言えますが、文化通貨は、投資ではなくて、交換が目的で、あまり大きなコミュニティーでない方がやりにやすい。

 

そう考えると、モナコインがその最初の意図に最も近いのではないかと考えるようになりました。2チャネルの有志、Mr.Watanabe という謎の人が運用しています。

 

現時点で1コイン=300円から500円なので、誰でも参加できる価格です。

 

仮想通貨について、知るにはとにかく、始めてみるのが一番です。

アットホームな雰囲気で、日本発の暗号通貨ですから、色々な情報が日本語で読めますし、そのコミュニティーへの参加も気軽にできそうです。

 

まずはモナッピーから入ってみてください。

 

monappy.jp

 

僕自身、もう少し、モナコインのコミュニティーにコミットしたくて、タロット占いをモナで受け付けてみたいなと思っています。

 

将来、もっと文化通貨にふさわしい、暗号通貨が現れる可能性はありますが、僕にとって、一番ハードルが高かった通貨システムの運用が全部任せられるというのは助かります。

 

今後、こちらのサイトには、暗号通貨を使った世界文化通貨運動の提案を書いていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

「占星術師は人類の意識進化の夢を見るのだ!」 ルシエル&芳垣宗久対談より 

■ 占星術師は世界平和の夢を見るのか? 1 

さる5月17日に、「星からみる東アジアと僕らの幸せ」という占星術と世界情勢に関する対談を占星術業界ナンバー1の博覧強記の芳垣宗久くんと開きました。社会情勢を星から読み解くマンデン占星術。そこから今の社会情勢をどう読み解くかという、占星術的オタク話を、聴衆の理解度は全く無視して、自由に語ろうという企画でした。

ところが、この企画の直前にウエサクの満月があり、なんとその満月は太陽が僕のMC、月がICで起こるということで、「お前は一体何をするために生まれてきたんだ!」的な問いかけが内外から激しく起こってきて、僕は自分が何をしたいのかということをシビアに内観し、明確化しなくてはならないプロセスに入ってしまったのでした。

5月5日には星読みタリアさんの「ルシエル解体新書」の企画で、自分が占星術師になった理由をガチンコで話すことがありました。それは僕の魂の秘密に属するテーマでした。トランジットノードが獅子座に入る時でもあり、自己確認のときなのでしょう。

17日のテーマは、「祈り」と言うテーマでした。戦争が始まるかもしれない情勢の中で、一個人がいかに合理主義者であれ、できることは「世界平和の祈り」しかないと言う現実。個人の幸せをガイダンスすることが仕事である占星術師に何ができるのかと言う僕自身への問いかけ、それについて考えてみるよいきっかけでした。

僕は、子供の頃に20世紀少年的ヒロイズムから世界を救いたいという思いに取り付けれて、その延長から、神秘主義や瞑想の世界に入り、アセンデットマスターの声をきくようにもなりました。

一時期、毎日チャネリングが続くような体験もして、5年間、自宅に引きこもってシュタイナやユング、神智学の本を読んで暮らしていました。社会的には自分はなんの意味もない人間だという焦燥感にさいなまれながら、自分の人生は一体どこへいくのだろうと迷っていました。

その時に「神秘のサビアンシンボル」という松村潔さんの本に出会い、自分がなぜ、「世直し」にとらわれ天の声に呼び出されて生きるのかが理解できたのです。

それは僕の太陽シンボルの

065 : 革命的な雑誌が行動を呼びかける。
(言葉によるセンセーションで、抑圧されたエネルギーをかき立てる)

と月のシンボル

338 : らっぱを吹く女性。
(啓示によって、危機を打開する契機を大衆に告げ知らせる)

にありました。「危機を感知し、人々に告げ知らせる」 という個性なのです。

その日から僕は「占星術師を一生の仕事にする」と決意し、もうすぐ18年になります。35歳からのスロースターターですが、それ以来他のことは一切せずに占星術に取り組んできました。

占星術を始めたばかりの1995年に、日本で初めて13の月の暦=ドリームスペルを紹介した人の一人である小野満麻呂さんから、「赤い磁気の月」という銀河の紋章を受け取りました。

占星術師のキャラクターネーム、「ムーンライト・るしえる」のムーンライトはそこからきているのです。この名前は、大学の後輩が勤めていた宝島の少女ファッション誌、キューティーの占いページを連載を請け負った時にキャラクターとして作った名前で、自分でそれを名乗るつもりはなかったのですが、編集さんたちが「るしえるさん」と呼ぶのでそれを引き受けることにしたのでした。

そういうわけで、僕の占星術師としてのキャリアのスタートには初めから、13の月の暦(今の、マヤ・・占いやら鑑定やら何やらのオリジン)の創始者であるホゼ・アグエイアス氏の存在が影響していたのでした。

ポップな占いとして普及している今のマヤ占いブームですが、その本質は、この惑星=時間船地球号の破滅的な次元軌道を修正するための軌道修正プログラムでした。

地球はこれまで、1582年にローマ帝国ユリウス暦を修正して作られたグレゴリオ暦の12:60の波動リズムに乗って発展して来ました。

しかし、それは植民地主義と物質主義、資源の搾取、人種と富による差別を増幅させる破滅的なリズムであり、TIME=MONEYというテーゼによって、時間は非個性的な時給換算される直線的なものとして扱われてきました。

それによって、人間の時の過ごし方は、ミハエル・エンデのファンタジー作品「モモ」に表される「灰色の男たち」によって支配されてきたのです。

それに対して、アークトゥールスから派遣された銀河エージェントであるホゼ・アグエイアスは、灰色の男たち=時間泥棒たちから本来の時間を奪い返すために、13:20の銀河調波を持ったドリームスペルをもたらす活動をパートナーのロイディーンと共に、「世界平和のための13の月の暦改暦運動」を開始したのでした。

13の月の暦 パン ジャパン ライブラリー - ★「13の月の暦に替える平和の運動」とPANについて



その日本への普及活動の一環として、まず、ポップな占いとして多くの人にドリームスペルを知ってもらおうとして出版されたのが高橋徹さんの「マヤンカレンダー」でした。

実は、ドリームスペルは伝統的な民族的なマヤ暦とは違うもので、新たにホゼ・アグエイアスが「銀河のマヤ」として創案したものです。ホゼもその認識だったので、マヤ暦という名前にすることは禁じていたのですが、出版社は「マヤ暦」という名前でないと出版しないという条件をつけてきて、高橋徹さんも苦渋の決断でそれを飲んだのでした。

その本はその種の本としては大ヒットして、日本ではどんどん13の月の暦が広がり始めました。高橋徹さんや小野満麻呂さん、そして、今はそれぞれの流派を作って占いとして普及している人たちもその流れの中で13の月の暦、ドリームスペルと出会ったのでした。

僕も占星術の研究と並行して、13の月の暦のムーブメントに付かず離れずでコミットし続けていました。とはいえ、自分の中で、占星術13の月の暦の関係性が意識的なものであったわけではなかったのですが、昨年たまたま13の月の暦を伝えるセミナーの準備で

資料として「2012年への進化」ホゼ・アグエイアス自伝

2012年への進化―ホゼ・アグエイアス伝記 | ステファニー サウス, 柳瀬 宏秀, 井元 悦子 |本 | 通販 | Amazon


を読んだ時に、驚くべきことがわかりました。サビアンシンボルを世界で有名にした20世紀最大の占星術師とも言われるディーン・ルディーアとホゼ・アグエイアスが師弟関係に準じるようなとても親しい関係性だっということです。

ルディアがどんな思想を持っていた、原書がよく読めない僕にはよくわかっていなかったのですが、芳垣くんによるとルディアは占星術の普及が人類全体の精神の進化に貢献することを確信して、太陽星座のみで占う今日の12星座占いをアメリカで普及させようと1930年代に奮戦したのだが、時期尚早で理解されなかったということ。60年代にリンダ・グットマンという女性占星術師がその普及に一躍買って、アメリカで12星座太陽占いが若者の間で常識になったということを教えてくれました。

そして、「2012年への進化」によると1970年代、若き芸術学大学教授だったホゼは生徒たちに12星座でグループを作らせて、アートパフォーマンスをする課題を出したところ、ウッドストックの熱が冷めやらぬヒッピー学生たちは、それを「ホールアースフェスティバル」という今も続く地球環境を守る文化祭に発展させたのだということです。そして、その文化祭の実行委員会に一通のファンレターが届きます。「ホゼ君、君のプロジェクトは大変素晴らしい。人類の意識の進化に貢献する素晴らしい試みだ。 ディーン・ルディア」 というわけで、ホゼとルディアは出会うのです。

ホゼはルディアの本を愛読していましたが、1930年代の人でまだ生きているとは思っていなかったということです。

今回の企画で僕がこだわったのは、占星術師が世直しや世界平和を考えることは不自然なことなのか?ということだったんですが、占星術の現代的復興の裏には常に神智学や何らかの意識改革運動があったという事実があること。そのことが占星術の歴史に詳しい芳垣くんからも多くの情報が得られたのです。

ということもあり、「占星術師は世界平和の夢を見るのか?」という問いは、イエスであっても当然だということが、今回の対話から得られたかなと僕は思っています。

           (次回 占星術と祈りと魔法)

ウエサク満月に寄せて  :星の道 占星術を通じての人類の進化と世界平和運動 5月10日 午後7時7分

我は本当は何をしたいのか?

宇宙と人間は本来一つのものの表裏一体の表現である。

そのことを哲学的観念ばかりではなく、日常的情念を通じて体験している。

しかし、多くの人はそれを知らない。

占星術という叡智が社会の知恵から失われたからだ。

占星術は、個人の幸福や嘆きを図る道具としてしか見られなくなってしまった。

しかし、それは占星術本来のあり方ではない。

占星術は、個人のこの小さな日常が、常に、宇宙全体、そして、その間の様々な階層と共鳴しあって、存在していることを証明する知恵であった。

星々の配置という客観的な科学と、「今ここ」の私のあり方、その密接な関係性を証明したい。

一人でも多くの人に伝えていきたい。

それも、占いという枠にとどまらず、社会、人類という宇宙と人間の間にある様々な階層に対して憂慮する様々な人々にその知識を届けたい。

その方法として、一般的な占い師とは違うアプローチとして、社会的事象について語るというスタンスを取っていた。

しかし、その姿勢が半端であったというよりも、自分自身の救世主コンプレックスを恥じるがために、本来もっとも語りたいことを迂回して、表現していたために、十分に伝わるべき人たちに伝わらなかったのだと今、理解できた。

あるところで「あなたはなぜ、占星術師になったのか?」と問われた。

そのことを本質的に語るならば、私は「世界を救いたかった、その方法として占星術師という生き方を選んだ」といわざるをえない。

しかし、世界とは何か、抽象的に、膨大な人や生命がすむ世界というものは果たして実在するのか?

よしんば実在するとしても、それは私が、これが世界だと漠然と感じているものと同じものではないだろう。

リアルに私が生きられる世界とは、私の人生そのものに他ならない。

つまり、世界を救うとは私の人生を救うということである。

神は汝自らを助くる者を助く。

というが、私は私を助けることによって、世界を助ける。その道しかない。

私は世界が苦しむのを見て苦しむ。

そういう私があるから、私は世界を救おうと思うのである。

しかし、その世界は私の五感、感受性、知性がキャッチした世界であって、世界全体の全てではあり得ない。

であるなら、小さな世界に閉じこもり、何も感じないようにしていれば、苦しみはないのか?

否、小さな世界に閉じこもることこそが苦しみに他ならない。何も感じないことが退屈という死に至る病であるに他ならない。

宇宙はビックバン以来、膨張しているといわれている。同じように、私も、オギャーと生まれてから膨張を続けている。

広がっていくことが生命の意味、宇宙の意味なのだ。

であるとすれば、ほんとうの幸せはどこにあるのだ、ジョパンニ。

世界全体が幸福にならばければ、個人の幸福はあり得ない。

その菩薩の請願はとても思いけれど、その真偽とは別に、人間の魂をより広い世界に向かわせる誘惑。

宇宙そのものの拡がろうとする意思を表している。

私が、占星術を通じて世界を救おうという時に、その敵となるものがあるとすれば、宇宙の拡がろうとする力に逆らうものを排除すること。

個人の幸せだけを考えていればいいのだという考え方が宇宙本来のあり方とかけ離れているということを繰り返し語ること。

個人と個人の集合体としての社会を宇宙から閉ざし、機械的なシステムの歯車として消耗させていくあらゆる仕組みを明らかにしていくこと。

そして、ほんとうの宇宙が持っている美しさと調和、本来の人間が持ち得る宇宙との共鳴力、そして、喜びに満ちた創造力。生き生きと今に生きること。

それを叡智として明らかにし続けていくこと。

その営みを通じて、世界と人類が平和の元に深みを増していくこと。

それをサポートしていきたい。

占星術を通じての世界平和」

その不可能の可能性を追求し続けよう。

その生き方を

「星の道 占星術を通じての人類の進化と世界平和運動

と名付けたい。

 

                 2017年5月10日 午後7時7分

 

f:id:mienaidaigaku:20170510190825j:plain

5月17日(水) アストロ時事放談: 星からみる東アジアと僕らの幸せ  ルシエル&芳垣宗久

アストロ時事放談: 星からみる東アジアと僕らの幸せ

 

占星術師は世界平和の夢を見るのか?

 

f:id:mienaidaigaku:20170425204626j:plain

 

ルシエル(小林 永) & 芳垣宗久

21世紀に入り、個人の幸福追求の技術として多くの人が占星術に触れる時代がきましたが、一方で占星術の原初の姿は、王の運命と国家の命運を占うものでもありました。

 

民主主義が一般化したと思われる現代に、今、二つの国の「王」の気分次第で第三次世界大戦という現実が表面化しています。ある意味で占星術の本領発揮というあまり喜ばしくはない状況ではありますが、今、ここで星を読まないでいつ読むのだというときでもあります。

 

占星術と世界平和」というテーマで、ルシエルと芳垣宗久がエンドレストークを繰り広げます。

 

 

占星術と世界平和、そして、祈り」 ルシエル

「マンディーン占星術で見る東アジア情勢」 芳垣宗久

 

対談:「占星術師は世界平和の夢を見るのか?」

     占星術からみた戦争と平和とは?

     金正恩とトランプのホロスコープ

     占星術は世界平和に貢献できるか? など

 

質疑応答: 参加者の皆さんと視点を共有したいと思います。

 

  5月17日(水) 13時30分〜17時   

  参加費 3000円 当日払い 

 

  場所 東京アストロジーセンター準備室 

     代々木八幡のある場所 申し込みの方にお知らせします。

     

       申し込み: astrology.tokyo@gmail.com

          お返事に多少タイムラグがあることご了承ください。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

占星術による世界平和 ① 自然因果律✖️人類の業=惑星の現実

ダライ・ラマ 科学への旅」  原子の中の宇宙
 
を読んで考えた。
 
 
一定の条件が一定の結果をもたらす という自然因果律
 
ある意図的な行為が特定の報いを受けるという 「業」の法則
 
自然な因果律の問題と、生命、ここでは特に人間の業
 
占星術が働く部分は、
 
この自然因果律と業を橋渡しする部分の微妙な働きということになる。
 
天王星180木星90冥王星 という原因が、 第三次世界大戦という結果になるとは限らない。
つまり、これは因果律とは言えず、その間に、人類の業が変数として掛け合わされるということになる。
 
今、この人類の業という問題について、自覚が求められている。
類の問題ではあるが、主体はあくまで個人一人ひとりであるしかない。
 
ここにおいて、一人ひとりの人間が自分自身の「業」について、
自覚的になることが、人類の業を穏やかなものにすることに貢献することになりはしないか?
 
で、業とは何か?
 
それは、一人ひとりがどんな欲望を持っており、それがどんな葛藤となり、
それをどんな形で解消していくかという生き方そのものなのかもしれない。
 
そういう意味において、僕は、「業の地図」とも言えるホロスコープを、
多くの人がしることが、世界人類に平和をもたらすことに貢献するはずだという
 
確信を得た。
 
このブログにおいては、そうした、僕の思想について、思うままに記していきたいと思っている。
 
みえない大学新聞!ではどうしても時事的なものを追いかけることになるので
こちらでは、原理的な思索を書き連ねてみたいと思っている。
 
 

みえない大学新聞はこちらで見られます。

みえない大学新聞

 

アメブロの方に移動しました。

ハテナブログの方は今後、他のテーマで、展開する予定です。

 

 

ameblo.jp